ブーブーブロッコリー‼~森を食らう~

アラサー子なし主婦のブロっ子。愛してやまないブロッコリーへのだだ漏れの愛と日常、そして読書。心の中のお友達、ブロッコリーのブー君とはいつも一緒。

前回の記事でホットケーキミックスについて触れ、ふと思い出したものがある。





私の愛読書、村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』(講談社文庫)にでてくるホットケーキだ。

主人公の「僕」の友人である「鼠」の好物がホットケーキなのだ。

その食べ方がとても独特。


p99:鼠の好物は焼きたてのホット・ケーキである。彼はそれを深い皿に何枚か重ね、ナイフできちんと4つに切り、その上にコカ・コーラを1瓶注ぎかける。
 僕が初めて鼠の家を訪れた時、彼は5月のやわらかな日ざしの下にテーブルを持ち出して、その不気味な食物を胃の中に流し込んでいる最中だった。
 「この食い物の優れた点は、」と鼠は僕に言った、「食事と飲み物が一体化していることだ。」



ホットケーキにコーラかけちゃうの?!
しかも1瓶丸ごと!?
ビショビショになっちゃう!!

と思ったのだが、でも待てよ、
ご飯にもお茶をかけてお茶漬けにするではないか。
お味噌汁をかけて食べる人もいるではないか。
(味噌汁は飲み物というよりおかずに近いが・・・)

小説の中で「鼠」が言っている、「食事と飲み物が一体化していること」はそれほど不自然なことではない。

ホットケーキにかけるものといえば、メープルシロップやはちみつが定番だ。
それらを「甘み」として考えれば、コーラも十分仲間に入る。



20200531


でも、真似をしてみる勇気はない。
若さ漲る強靭な代謝がないと、うまく消化できる気がしない(笑)



風の歌を聴け (講談社文庫)


それにしてもこの作品は何度読み返しても新しい気付きがある。

何度読んでも飽きない、そんな小説があって幸せ。

もうすぐ夏。
また『風の歌を聴け』を読むのにぴったりな季節がやって来る。


☆応援クリックお願いします☆
 人気ブログランキングへ

ホケミ

ホケミ

ホケミ


ホケミとは何かを御存知ですか?
私はつい最近知りましたよ。

ホットケーキミックスのことらしいです。
略語ですな。

ネット記事の見出しでよく、
「ホケミで簡単に作れるアイデアレシピ」とか、
「本格的なスイーツにもホケミが大活躍」
というものを見かける。


私は「ホケミ」を人の名前だと思いこんでいた、
お料理大好き芸人とか、そんな感じかなぁと。

なので、
「『ホケミで簡単に作れる~』じゃなくて『ホケミが簡単に作る~』だろ!
日本語が乱れておるな!ぷん!」

と息巻いていた。

(冷静に考えれば、こんな間違いはほぼあり得ないだろ。)

それが、
ホケミ=ホットケーキミックス
という真実を知った時の衝撃といったら!

隔世の感。

ホットケーキは「ホケ」、
ミックスは「ミ」。

20200530a


あらゆる言葉につく「ミックス」を「ミ」に略して良いわけではないようだ。

略語はリズムや響きが大事なんだろうな。

・・・・やはり隔世の感。



☆応援クリックお願いします☆
 人気ブログランキングへ

緊急事態宣言が解除され、街中では少しずつ日常が戻りつつある。

営業を再開したお店も多い。


緊急事態宣言下での自粛生活中、
私の物欲は高まっていた。

百貨店やショッピングモールが閉まっていたので、服・靴・下着なども見に行くことができなかった。

「お店で買い物ができない」という状況に置かれると、いつも以上に買い物がしたくなってくる。

禁止されると余計にやりたくなってしまう、人間の不思議な生態!


その証拠に、今は急速に物欲減退中。


20200529


「本当に必要になったらいつでも買いに行ける」という安心感のためだろうか。

結果的に、緊急事態宣言が解除された後の方が心穏やかに自粛生活ができている。


なにこの矛盾(笑)
人間はアマノジャクなところがあるよね。多分私だけじゃないと思う。


この矛盾を利用して、
「コロナ流行ってるけど、飲めや歌えや買い物行列ばんざ~~い!!」
てな感じで呼びかけたら、皆の外出意欲が収まるかもしれない。

どうだろうか?
(不謹慎すぎるか・・・)

☆応援クリックお願いします☆
 人気ブログランキングへ















↑このページのトップヘ